Blog

Blog

ブログ

ひょうま

日記

2020.04.22

就活より起業を選んだワケ

北大経済3年、BIRTHの共同創業者として営業を担当しています内藤飛馬です。 ここでは、なぜ僕が学生起業に踏みきり、BIRTHをやっていくのかについて簡単にお話したいと思います。 そもそも僕自身は、最初から起業に興味や意欲があるわけではなかったし、むしろ三年になったら就活にはかなり力を入れて大企業行くぞ!と考えていて、その面接時の話の種になるような経験ができればいいなくらいのテンションで北大起業部に入りました。 しかし、大学に入ってから大企業に勤めている先輩方と独立し起業している人の両方の話を聞く機会が何度もあり、話を聞くほど、自分の明確なビジョンをもって大変でありつつも日々楽しそうに活動している起業家達の姿の方に惹かれ、自分もこうなりたいと強く感じるようになりました。 大企業には必ずしも就活して新卒というルートで入社する必要も無いし、起業してリスクを負うのも学生という身分の方が挑戦しやすいという考えから、一旦就活のことは置いといて、学生起業に全力を注ぐことを決心し、これまでに出会った中で最強だ!と思える先輩達とBIRTH創業に至りました。